2012年10月15日

キュットスリム製造の特徴

まずこの記事にかいたとおり、140デニールの
贅沢な糸を使って始めます。




最初にツメ先の縫い方に特徴があって、
縫い方は普通のミシンを使用した人の手を使う縫い方と、
機械を使う縫い方があります。
当然ながら、機械縫いよりも人の手を使う縫い方の方が
美しさは断然違いがでます。




キュットスリムは一足一足人の手を使って作られます
そしてツメ先は1インチあたり普通は16針程度でつくられるところ、
キュットスリムは30針も使って、着圧の強さを維持できるように
しています。




あと重要視するべき点は編み上げ方です。
通常のものであれば左右同じく寸胴に編み上げているのです。
しかしキュットスリムは左右違う、人間と同じ足型でつくられて
いるのでこれが履いていて、疲れない要因ですね。

さあ、キュットスリムはできあがるまでに2ヶ月を要します。
その工程を見学してみましょう↓


販売ページはコチラ
posted by キュットスリム at 21:30| Comment(0) | 製造工程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。